■ワーキングホリデーはカナダがおすすめ

ワーキングホリデー制度とは、お互いの国が、他国の文化などの状況を仕事をしたり、遊んだり自由に時間を過ごす中で、相互に理解する、といったことを目的にはじまった制度で、滞在期間としては基本的に、1年間と定めている制度です。

特徴は、勉学に制限がかけられていて、比較的自由に時間をし使用できる部分にあります。
生活様式を理解するという目的に沿って生活を実際に行うことは非常に効果的なのです。

働きながら語学力を鍛え堪能になりたい、異文化の世界を見てみたい、観光地を思いっきり楽しみたい、といった個人の目的は様々あるのが特徴で、他の国からもワーキングホリデーに来ているので、文化もほんとうに多くの違いを見ることができる貴重な体験です。
目的ありきで参加すべきプログラムといえますが、思いっきり楽しむといった目的を定めるのもよいでしょう。

滞在期間中の行動は自分に決められ、日本とカナダの間ではワーホリ渡航者の数が年々増えている状況で、定員である6、500人に到達し、毎年推移しております。

友好国としても知られるカナダは、治安も経済状況も日本に近しい水準なので、日本人でも安心してワーホリに行くことが出来ます。

年々、各国との交流を深めるためにこの制度を利用する方が増えており、語学留学や長期の観光を計画されている方には、最適の制度になっています。国としても今後の国際化に合わせて積極的にワーキングホリデーを推奨しております。

■都市トロントの気候

カナダの位置を考えると、冬の寒さと豪雪を想像するのではないでしょうか。
ですが、トロントでは意外にも同じ緯度の地域に比べて降雪は少なく北国の中でも住みやすいと言われております。

季節もはっきりとしており、春には色とりどりの花が咲き、夏には30度を超える日もありますが、日本よりも湿度が低いので過ごしやすくなっています。秋には紅葉が美しく、冬の到来は日本よりも早く、市内では雪国特有のスケートリンクが開設され、子供から大人まで楽しんでいます。 日本との時差は14時間で、日本に比べて高緯度に位置しています。

サマータイムの間、長い昼間を利用して、ビーチや公園ではあちこちでイベントが行われたりします。
日本では味わえない長い昼も、トロントワーホリの魅力になっています。

情報をいろいろみて、自分のキャリア上で重要と考えるのであれば、トロント、カナダでのワーキングホリデーを検討してみるのがよいでしょう。

相談するならワーホリ老舗のラストリゾートあたりがいいですね。
カナダのワーキングホリデー紹介ページ